簿記2級 合格率・難易度

出題パターンの明確な簿記の勉強は過去問中心で!

過去問中心の勉強法

最後になりましたが、日商簿記2級の勉強法のアウトラインをお話しします。
以下に述べることは3つの学習法、「通学」「通信講座」「独学」のいずれにも当てはまることです。
ポイントは非常にシンプルですので、どなたもお読みになってみてください。

簿記の勉強法は
(1)テキスト等で予備知識を身につける
(2)過去問題集を解く
(3)問題を解いていて分らなかったことをテキストで再確認する

この3つの繰り返しにつきます。
予備校や通信講座を利用する方は、(1)の予備知識を身につけるプロセスを、講師や講義メディアがサポートすることになります。

講義のことはこれまで繰り返しお話しましたので、ここでは「演習」に視点を移して解説します。

資格の試験対策では、どんな資格の場合でも「過去問を中心に勉強する」ということがよく言われています。簿記の試験対策では、そのことがより大きく当てはまります。
簿記3級の勉強を始めてみるとすぐにわかることですが、簿記の検定(試験)には、はっきりとしたパターンがあるからです。

日商簿記3級の出題範囲と得点配分

 

出題内容

得点配分

第1問

仕訳問題

20点

第2問

帳簿記入問題

8~12点

第3問

試算表作成問題

28~32点

第4問

伝票記入/決算仕訳訂正問題

8~12点

第5問

貸借対照表 /損益計算書/精算表作成問題

28~32点

この出題配分(出題パターン)は、まず変わることがないでしょう。
このパターンに慣れるための教材といえば、申し上げるまでもなく「問題集」です。

「問題集を中心に勉強しましょう」というのは、どんな資格の試験対策でも言われていることですが、簿記検定の場合は特にこのことが当てはまると思います。

日商簿記3級の試験準備はトータル150時間くらいでOKです。
「テキスト(基礎学習)」対「過去問演習」の時間比率は4:6くらいで配分します。

過去問演習6割の過程では、度々テキストや講義DVDに戻ることがあるでしょう。

(2)過去問題集を解く
(3)問題を解いていて分らなかったことをテキストで再確認する

の繰り返しが大切なのです。その際、まだ理解が曖昧だと思える要所々々を、先生に聞いてみる学習は(講義DVDをピンポイントで見直すこと)は非常に有効です!