簿記2級 合格率・難易度

予備校でも「映像コース」を開設している学校が多いのはなぜでしょう!?

講義DVDで勉強する効果は?

有名予備校の通学コースでも、最近は「映像コース」があるのが当たり前になってきました。申し上げるまでもありませんが、スクールの教室へ通って収録された映像の講義を受けるということですね。

なんだか不思議な感じがするのは管理人だけでしょうか?私はもちろん映像講義を否定するものではありません。むしろ大いに肯定する立場です。
でも、自宅でメディア学習のできる通信講座がこれだけ普及しているいま、学校へ通ってまで映像講義を受ける意味とは何かを問いたいわけです。

予備校としても、できるだけ受講料に負荷をかけることなく、多くの方に学んでほしいという思惑があるのかもしれません、でもメディアが発達して時代がこうなった以上、予備校の生命線とは、まさに「講師の生の授業」のみにあるように思うのです。
そこのところはやはり、上手い宣伝文句でかわさずに、教育機関として誇りを貫いてほしいと私は感じてしまいます。

●予備校の生の授業には臨場感があります。講義に集中しやすいです。
●また当然ながら、わからないところは授業のなかで質問して、その場で解消できます。

残念ながら通信講座の講義メディアでは、この2つは期待できません。
つまるところ「ライブ」ではないということ。でも、通信講座が予備校にリーチできないのはこの2つの点みです。

講義DVD等のメディア授業はライブではありません。でも、そのために観やすいです。
自宅学習専用に、カメラワークを巧みに操りスタジオで収録しているため観やすいのです。
丁寧に何度も取り直しをしているので、講師のイキイキした感じが終始続きます。
ライブではないため、ライブのような散漫さがありません。
誰も質問しないので、授業が中断されてしまうこともありません。

メディアの教材は何度でも繰り返し聞くことができます。
予備校の「映像コース」が、再視聴のサービスを提供しているのも、「繰り返し学習」の効果をよく理解しているからでしょう。そこは彼らもプロです。

観たり・聞いたりする学習(講義)は、単にテキストを読むだけの学習より、ずっと記憶に定着しやすいものです。その同じ講義を何度でも繰り返して観る学習の効果の高さは、みなさんにも容易に想像していただけると思います。

残念ながら、予備校の生の授業を繰り返し聞くことはできません。
予備校の「通学コース」なら繰り返し学習は可能です。
でも、そのためにわざわざ学校へ行く必要があるのでしょうか?

ノートパソコンにセットして、自宅の机で、食卓で、ベットの上で…。
そんな風にどこでもすきな時間に、自由に見られた方がいいと思いませんか?
予備校の「通学コース」を利用される方の気持ちが、管理人にはわかりません。