簿記2級 合格率・難易度

日商簿記2級の合格率や難易度、勉強法などをアドバイス! 「初歩から学ぶ!日商簿記2級合格講座」

簿記2級「合格率」トップページ

たとえば日商簿記なら、簿記の検定は1級から4級まであります。
そして4級には小学生の子にも合格者がいます。

しかし簿記検定は2級以上の取得者になると、がぜん周りの人の評価が変わってきます。
4級や3級に比べると難易度もずいぶん高いので、それは当然なことなのですが、簿記2級を持っていると「この人は経営の数字を読める人」というお墨付きをもらえたりします。

経理の仕事にたずさわる上では、簿記2級の実力は必要不可欠なものでしょう。
しかし実際のところ、簿記2級合格者の大半の方は、経理畑以外で仕事をされている方々です。

なかには営業の管理職などのポストにあり、業績数値を把握するため必要に迫られ、合格率の険しい簿記2級を取得された方もいるでしょう。
また、「何か将来のためになる資格」という気持ちで、汎用性の高い簿記の資格にチャレンジした方も多いと思います。

いずれにせよ、「実社会で広く応用することができる」ことから、地味ではあっても非常に人気が高いのが簿記の検定です。

また、経理職が希望でない方も、多くの方は簿記2級の取得を望んでいます。
簿記2級の知識があってはじめて、会社のしくみや経済のしくみについて、視野が開けてくるからです。

当サイトでは、そのよう多くの社会人の方のターゲットとなっている簿記2級について、合格率や難易度、また勉強法などのアドバイスをしています。
簿記2級の合格率等について知りたい方にとって、役に立てていただけるサイトです。

日々の仕事で、多かれ少なかれ簿記の必要性を感じているみなさんには、ぜひ当サイトを読んで頂きたいと思っています。
容易に合格できるとは申し上げませんが、意欲を持ち、後に述べる正攻法を守って頂けれれば、高い確率で合格にリーチしていただけると思っています。
ぜひ最後までお読みになってみてください。